企業では業務のために必要となる多くの商品や備品を毎日購入しています。
しかし、購入者は自分のお金をではなく会社の経費を使っているため、購入品の価格や個数をあまり意識せず、とりあえず必要な物を必要なだけ購入しているというところも多くあります。
会社の備品は一つ一つはそれほど高額なものは多くありませんが、企業内でこのようなことが長期間行われていると塵も積もればで会社の利益を圧迫してしまうことにありますので、どうにかして改善したいものです。
ただ、改善策の策定や実行には多くの手間や時間、コストがかかるのも事実で、逆にそのことが企業の負担になってしまうことも考えられます。
そこで購買戦略研究所では企業の購買業務を効率化することで時間や手間を大幅に削減しながら、コストダウンを実現する方法を提案します。
購買戦略研究所ではジュハッチュウネットという独自のソフトウェアを導入することで発注業務を効率的し、受注数や受注価格を最適化することでコストを削減して利益の最大化を目指します。

ページのトップへ戻る