医療保険の加入を検討するときに迷ってしまう事の一つに、入院した時に支払われる日額給付金の支払い限度日数を何日にすべきかという点です。
生命保険会社により設定パターンはやや異なりますが、多くの場合最短日数が60日です。
それ以上の日数となると120日や180日、1年間や上限なし等いろいろあります。
格安で保障のしっかりしているライフネット生命から発売されている医療保険「じぶんへの保険」は、60日と180日の2パターンです。
日数の短い方が掛け金は安くなりますが、入院したときに日数が足りなくなってしまうというのは避けたいものです。
ガンで入院して手術した場合の平均入院日数は30日前後ですから、入院日額給付金の上限日数が60日あれば、ガンの入院にはほとんどの場合十分という事になります。
脳卒中や脳梗塞での入院の場合は120日前後になる事が多く、60日では不足するという事になります。
ライフネット生命の医療保険掛け金は他社と比較するとかなり安価に設定されていますから、上限日数を180日としておくと安心です。


ページのトップへ戻る