近くの物が見えて、遠くのものが見えないという症状が近視です。
近視になりますと日常生活に支障が出てしまう為、メガネやコンタクトの着用が必要になります。
しかし、メガネやコンタクトなどは管理などをしっかりと行わなければいけません。
特にコンタクトの場合、衛生管理を徹底しなければ、思わぬ眼病に繋がってしまいます。
そんな中、第3の治療法としてレーシックが登場しました。
手術を行って近視の症状を軽減させる方法です。
この方法は手術となっている為、適合していない方は行う事が出来ないという場合もあります。
メガネやコンタクトから解放される治療法として注目されていましたが、出来ない方は諦めるしかないのかと言いますとそうではありません。
なぜなら、第4の近視治療としてオルソケラトロジーが登場したからです。
この治療方法はオルソケラトロジーレンズを使用します。
眠っている間に着用をして、屈折異常を起こしている角膜をしっかりと固定して正常な形に整えていくという新しい治療法です。
実際に治療を検討したいという方は東京池袋にある松原クリニックがあります。
オルソケラトロジーが導入された初期から取り組んでいるので、医師やスタッフ共に経験や実績があるクリニックです。

ページのトップへ戻る