歯の治療をする場合、必要に応じて型を取る必要があります。
そうする事によって正しいかみ合わせの状態にする事が出来るからです。
しかし型取りをする場合、どうしても放置する時間が必要となってしまう為、治療時間が長くなってしまいます。
セレックは今まで行われてきた型取りを必要としない治療法の事を言います。
ドイツが発祥の方法となっており、コンピューターで制御する事によって歯の修復物を設計、制作する事が出来るシステムの事を言います。
もちろん今までの様に型取りをする必要がなくなる為、治療に必要とする時間を短くする事も十分可能です。
またもう一つは、型取りをした後に修復物を作成する場合、従来では歯科技工所に依頼しなければいけませんでした。
そのためその日のうちに修復物が出来上がるのではなく、1週間以上後にもう1回病院に行って治療を受けるという形が取られていました。
しかしセレックの場合は採取したデータを利用してコンピューター上で3D化し、それを設計図としてミリングマシンが修復物を作成します。
今迄の様に技工所に依頼する必要が無くその病院内で修復物を作成できます。
またセラミックブロックを使用するので高い耐久性を誇っており、さらに治療時間も短くなるというメリットがある方法です。http://yokosuka-shika.jp/



ページのトップへ戻る