これから自動車はどのように進化していくのでしょうか。
どこに向かって進むかによって、企業に求められる人物像は違ってきます。
ボッシュグループでは、これから燃費の30%削減を目指しています。
これはガソリン車だけでなくディーゼル車も対象です。
それと同時に小型化・集積化を目指す方向に進んでいます。
この課題を実現するには、これまでとは違う知識と発想力が必要になってくるでしょう。
それは、ボッシュ・ジャパンの採用にも表れています。
これまで自動車にあまり関係のなかった学部にも、今は大きく門戸が開かれています。
電機メーカーが低調な今、電子・電気工学などの学生はどこに向かえば良いか迷っているのではないでしょうか。
電機メーカーに変わる優良な就職先として、自動車を選んではいかがでしょうか。
部品メーカーの年収は高く、これからアジア各国を股にかけて活躍できる可能性があります。
ボッシュでは、社員のために最適なキャリア計画をもとにしたトレーニングを受けることができます。
課題の解決に向けて頑張ることで、自分のキャリア開発が可能です。
それだけでなく、生活を楽しむことができるでしょう。
ボッシュには、フレックス制度や月40時間の在宅勤務など、ワークライフバランスを大切にする企業文化があります。
キャリア開発しながら生活をエンジョイできるなど理想的ではありませんか。



メニュー

ページのトップへ戻る