仕事とプライベートをきちんと分ける高橋壮志の生活スタイル。
普段は中学生への教育を行っているため、どうしてもストレスが貯まるのは否めません。
だからといって仕事が嫌いなわけではないのが高橋壮志の魅力でもあるのでしょう。

仕事は仕事という割り切りをしているため、人に教えることが好きという自分なりのスタイルを曲げることはありません。
むしろ、子供が好きだったからこそ、これからの未来に大きな希望を抱く存在を大切にしようと思っているのでしょう。
こうした仕事への真っ直ぐな姿勢は、プライベートも同じような堅いイメージを与えるかもしれません。

でも、高橋壮志のオフタイムは、一人で居酒屋に出かけてみたり、流行りの映画を観に行ったりと、アクティブな孤独感を楽しむスタイル。
仕事とはかけ離れた時間を過ごすのが、ストレスを抱えないコツなのでしょう。
仕事とプライベートの境界線を設けているので、公私混同がないのも、高橋壮志が持つ魅力ではないでしょうか。



メニュー

ページのトップへ戻る