資産運用に興味を持つ人が増えています。
これまでの日本社会では退職金と年金さえあれば老後は安泰だとされてきましたが、今後日本は終身雇用制度が無くなっていくため、満足のいく退職金を全員がもらえる保証はありません。
年金も受給資格や受給金額が年々厳しくなっていくことが予想されます。
そのため、資産を上手に運用して育てていくことが重要視されているのです。

そんな中、注目を集めているのが不動産投資型クラウドファンディングです。
こちらはクラウドファンディングを使って事業主が投資家の資金を集めます。
こちらの特徴は手軽であるということです。
一般的に不動産投資というのはまとまった額の資金が必要になることが多いですが、こちらの場合は10,000円という少額からスタート出来ることがあります。
また、面倒な手続きも事業主が行なってくれるため安心です。

しかし、あまりに手軽に行なうことが出来るため、甘い話に騙されないようにする努力も必要です。
例えば、都内の不動産マンションの利回りは大体高くても7%が限界だと言われています。
そのような状況にもかかわらずマンション物件の利回りが10%以上だという案件は注意した方が賢明です。
信頼できる情報はクラウドアンサーのようなサイトをいくつか見て回ることが大切になっています。



ページのトップへ戻る