ブラックリストという言葉はだれでも一度は聞いたことがあると思いますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。
実はブラックリストという単独の形での名簿やファイルのようなものは存在しません。
ではブラックリストは何者かというと、金融事故情報のことを意味します。
消費者金融などの金融機関からキャッシングしたり、クレジットカードを作ったりしたという情報は個人信用情報機関に登録されます。
そして、返済が一定期間にわたって滞納されたり、債務整理を行ったりすると、その情報が事故情報として登録されることになります。
これが一般的に「ブラックリストに掲載された」と言われる状態です。
ブラックリストに登録されてしまうと新規にお金を借りることができなくなってしまったり、クレジットカードが作れなくなったりしてしまいます。
また、信用度が下がってしまうため、住宅ローンが組めなくなってしまうという影響もあります。
ですから、ブラックリストに登録されることは極力避けるべきです。
急な出費をうまく乗り切るためのキャッシング



ページのトップへ戻る