ハイエースは現場などで活躍する車両です。
積載量が大きいだけでなく日本車ならではの頑丈さも兼ね備えているため、車両によっては何十年も使い込むということも珍しくありません。
しかし、いくら丈夫だと言っても永久に乗り続けられるわけではありません。
もしもハイエースの処分に悩むときにはどうすれば良いのでしょうか。

ボロボロになってしまったハイエースは日本では1円の値段も付かないことがあります。
それは日本では走行距離100,000kmが乗り換えの基準となっており、それを超えた車両は途端に値段が下がるからです。
また、長年使い込んだことによる経年劣化によってシートが破れていたりヤニ汚れが目立っていたり、内装を加工しているものも値段が安くなる傾向にあります。

しかし、速攻高値鑑定王ではそのようなハイエースでも高値で買取を行なってくれます。
その理由は100ヵ国以上のバイヤーと取引をしているからです。
現在、日本のハイエースは世界的に人気が高く、特に発展途上国では高値で取引がされているという現実があるのです。
そのため使い古された廃車寸前の車両であっても査定価格が高くなる傾向にあるのです。
もしも車両を処分したいという時にはこのような業者を頼るのが良いでしょう。



ページのトップへ戻る