日本人は顎にコンプレックスを持っている方が多いようです。
特に横顔をみると顎が引っ込んでいる場合が多く見受けられます。
正面から見た時に丸いラインを気にされるかたもいます。
そんな悩みを解消できるのは、プロテーゼを挿入する美容整形です。
しかし、いざするとなると、勇気がいるものですが悩みを抱えながら毎日を過ごすより、コンプレックスを解消し楽しい毎日を送りたいと思うかたもいるでしょう。
顎にプロテーゼを挿入することでフェイスラインが整い、横顔のラインも美しく見違えるようになります。
しかし手術を受ける場合、よい美容外科を探す事です。
しっかりとカウンセリングで納得できるまで話ができ、また説明も明確にしてくださる美容外科をお勧めします。
自分に合う形など、シミュレーションで検討し納得の行くまで話し合うべきです。
カウンセリングで一方的に話を進めるのではなく患者の話をしっかりと聞いて下さる美容外科が信用できると思います。
デメリットとしてダウンタイムがあります。
術後しばらくの間は大きく腫れあがるので、前もってその期間をどのようにするか考えておくべきでしょう。
マスクで隠せる範囲の腫れなので、仕事など休めない方はそういった方法で過ごすなどされると良いのではないでしょうか。
美容整形 顎プロテーゼを受ける前に

ページのトップへ戻る