プライバシーマーク制度の狙いとしては、主に2つあげることができます。
まず1つは、一般消費者の目に映るプライバシーマークを表示することで、個人情報保護について人々の意識を高めること。
そしてもう1つは、個人情報を適切に取り扱っていくことで、人々の個人情報の保護意識の強まりというニーズを満たし、プライバシーマークを取得した企業が対外的に社会的な信用を獲得できるなどの価値をもたらすことです。

プライバシーマークの取得を申請し、使用が許可されれば、自社サイトや小冊子、名刺などにマークを表示させることが可能です。
消費者や取引相手となり得る企業はマークを見ただけでこの企業は個人情報の取り扱いにおいて信頼がおけると判断しやすく、業績アップなどの効果を期待することができます。

ただし、プライバシーマークを取得するための審査機関が定める条件というのは、個人情報保護法以上に厳しいとされており、簡単にはいきません。
そのような中で効率よく取得を実現したいということであれば、専門のコンサル会社による取得支援を受けるのが得策といえるでしょう。
専門のコンサル会社は、Pマーク一括見積り依頼フォームから申し込めるWebサイト、Pマーク一括見積り術で探すことが可能です。



ページのトップへ戻る