日本でもいよいよ2016年4月に電力自由化が全面的に実施されます。
これまで工場やビルなどの特別高圧または高圧契約の顧客のみがその恩恵に預かってきましたが、それが一般家庭などの小口も対象となります。
送電と配電については従来通り地域独占の仕組みが残るため、別会社から購入するになっても電線を新たにひいてくるわけではなく、ごく小規模な工事で完了します。
電力自由化によって何が変わるのかというと、いままでは地域ごとの電力会社は一社しかなく、選択肢はまったくない状態でした。
これに新電力会社あるいはPPSと呼ばれる、電力事業への新規参入者が加わり、消費者がどの電力会社から電力を購入するのか選べるようになります。
これにより市場競争が生まれ、価格もいままでより低く設定されるでしょう。
また、ガスやインターネット回線などとのセット割引といったプランも今後出てくることが予想され、市場の活性化に繋がると期待されています。
価格的なメリットの他に、どうやって作られた電力を購入するか消費者自身が選べるようになるということでもあります。
たとえば原子力発電に反対だったり、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを極力応援したいという場合には、それに沿った形で発電された電力を購入することで意思表示ができるというわけです。http://denryoku-jiyuka.net/




ページのトップへ戻る