人生で一番大きな買い物とわれているのが住宅の購入です。
それからの一生の住処を決定する大事な買物で、一般的な人には一回しか買物ができないような高価な買物になります。
その住宅購入というもので一戸建ての新築を買うのか、または建売のものを買うのか、はたまたマンションを買うのかなど様々な選択肢が存在します。
それぞれにメリット、デメリットは必ずありますが、自分のこれからの人生を考えて購入を考えるべきです。
一戸建てについて言えば土地代がかかる分、かなり金額がかかるものになってしまいます。
それでも小さな土地でも注文住宅であればその土地に合わせた建物を建てることができますし、自分の好みや希望に沿った間取りの家を建てることができます。
建売住宅の場合には、すでに住宅メーカーなどが建てている建物を購入するわけですから、多少金額は安く済みます。
多少のリフォームは効くので少しは希望に近づけた家を建てることが可能になります。
しかし、構造自体はなかなか変えることができないといった点も存在します。
東京で住宅を持とうとするとかなりの金額が必要になりますが、少し離れた所沢市のような場所であれば、都心へのアクセスも簡単にできて、土地もありますので自分の思った住宅を建てることも可能になります。
http://www.sayama-f.co.jp/


ページのトップへ戻る