クレジット会社などからATM等を通して現金を借りることをキャッシングといいます。
クレジットカードとの違いは、現金で受け取れるという点です。
どういう時に便利なのかと言うと、急な出費で現金が必要な時です。
例えば、急な出張、入院、病気、あるいは給料日前なのに飲み会がある等の状況です。
そんな時、設定している限度額の範囲までならいつでも現金を引き出せます。
給料日前でも欲しいものはありますし、そういう時にかぎって飲み会やデートの予定が入ってしまうものです。
そんな時にキャッシングができるなら、精神的に余裕ができます。
また、残された給料以外に、まだ引き出せる現金があるという安心感があります。
次の給料日までの繋ぎになるのです。
ケータイ代、電気代、ガス代、クレジットカードでショッピングした代金などが、引き落とし日に残高がなくて引き落とせなかったということも避けられます。
しかも、小口の限度額だけではなく数百万円単位での申し込みも可能です。
担保も保証人も不要で、審査も最近ではスピーディに進むので、手軽に申し込むことができ、結果が出るのも早いのです。
用意するものは、運転免許証等の本人確認書類と収入を証明する書類だけなので簡単です。

ページのトップへ戻る